So-net無料ブログ作成

北の大地へ(フラノ寶亭留) [旅物語]

腸風邪がはやっているのでしょうか  むっちゃんがお腹ピーピーになり先週今週と大変でした

やっと元気になったかと思ったところにジィジと叔父さんまでも「お腹がいたい」と言う始末

家中大変です[がく~(落胆した顔)]

北の大地の旅のお宿は今回はこちら

s-kitanodaiti 105.jpg フラノ寶亭留

 ロビーのこの牛乳瓶のしたのテーブルでチェックインです

   wdt.jpg ウエルカムドリンクと共に

  

 

館内とホテル入り口pfuh10.jpg

  

着くなり言われました

「敷地内で熊が出没した模様ですので夜間の外出は控えてくださいますように」

さすが、北海道「クマがでるんだぁ」到着時は真っ暗なのでどうしてかしらくらいの気持ち

それがわかったのは翌朝でしたそれは後ほど

 お部屋に案内していただきました 

お部屋内部paf6n55.jpg

アメニティ袋も素敵でしたよpafum9jpg.jpg

白は女性用です。ベージュが男性用  ロクシタンお持ち帰り(^^)

こちらが力を入れるお食事へいきまーす

     pa254.jpg

 上から  自家菜園産人参のプリン ブリュク添え ラベンダーとオレンジのソース

      常呂産ホタテと礼文産ボタン海老のミ・キュイ 万願寺唐辛子のタラバガニ詰め キャビアのプティサラダ添え

       ふらのミュラーとオレンジのグラニテ

cbt84.jpg

 中富良野天心農場産 坊ちゃんかぼちゃののポタージュ

pf6n493.jpg

レストラン内写真も付録でお付けしました

メインは3種類から選べます  ふらの牛フィレ肉のステーキまたは新得産仔牛のポワレ又はフランスバスク豚のソティー

私たちはせっかく富良野に来たのだからと ふらの牛のフィレステーキ・ふらのレセプションの赤ワインソースをチョイス

~デセール~ 栗のタルトと胡桃のグラス   それに小菓子((チョコ・マカロン・パンナコッタ) に 飲み物

お腹一杯です

その後館内の大浴場へ  そちらには私以外にもうお一方しかいませんでお話を少ししましたなら

なんと、昨夜は層雲峡のホテル大雪にお泊りだったとか偶然に驚きました

札幌在住の方でしたが、同じ経路でやってきたなんて(広い北海道が小さく思えました)

そしてお部屋に帰るとs-ho6 023.jpg

お夜食がありましたよ・・・・蟹の押し寿司 お漬物 

よるが更けて次の朝 pf6ht6jpg.jpg部屋からの眺め

 朝食を食べにs-kitanodaiti 129.jpg

こんな幹事の和食をお願いしました。洋食はご飯がパンに変わるだけかと思います

私欲後はお散歩に[足][足][足]

   s-kitanodaiti 123.jpg

やっと、くまがでるの意味を理解できました すごく広い敷地でした

 散歩風景もねp28.jpg

 1泊だけではもったいないと後ろ髪引かれながらチェックアウト


nice!(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 20

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。