So-net無料ブログ作成

リメンバー九州大隅半島 [旅物語]

お宿を出て 10時のフェリーに乗る

予約してあるので9時30分には港に来てねとのこと、早くいかねば(;´・ω・)

iokaidpu.jpg山川港への道   道の駅「活お海道(イオかいどう)」

カツオとかつお節  出来立てさつま揚げも売ってましたよ 少し出港まで時間があったので立ち寄り

 ここにしかないというsDSC_1283.jpg

本当は生のカツオの腹皮がおいしいそうですが、まだ続く旅行には持っていけないのでこれを買う

10時が近づきました

nankyu.jpg このふねにのります

待ってる時に神戸ナンバーの車発見 ついついお話をしてしまう私

夫婦二人で神戸から指宿まで フェリーに乗って神戸からお里がこちらだと言ってたオジサマ

この後日南海岸を北上して別府の方へ行くとか「長旅お気をつけて」と別れる

乗るときに私たちの前の車が動かなくなってほかの列はどんどん進むのにとあせるぅ

出発後その車が港になかったので乗れたのでしょう(良かった^^)

船の上から開聞岳がうっすらとsDSC_1164.jpg

50分ほどの海の上を渡り大隅半島の根占港到着  

最南端の岬佐田岬は右の看板 そちらに行くと宿へは到底つけないのでパス

鹿屋方面に 

指宿のお宿でどこかありませんか?と聞くと鹿屋バラ園はどうですかということで行きました

鹿屋バラ園 外の庭にバラが咲いておりませんで温室のみ おかげで入園料110円でした

広い庭園きっとバラが咲くころは凄いんだろうと思いました

kanoyabaraen1.jpg

オレンジ(ポエニクス) パープル(オーシャンソング)

レッド(レディ ラブ) イエロー(チェリーブランディ)自分の好みで撮りました^^;

 クリスマスローズとビオラが咲いてるのみでしたので変わったものを

biora.jpg

 この後鹿屋基地の史料館へ

sDSC_1179.jpgkanoya1.jpg

外に配置されていた 練習機とかを[カメラ]

史料館に入りますと玄関にshirayamasakurajima.jpg

平山郁夫画伯の 桜島の絵がありました  

鹿屋は海軍航空隊だそうで 知覧は陸軍航空隊なんだというのを広報の人に聞いて「へえ~」

3分ほどのビデオを見る  そして資料を見て回りました

こちらには水戸黄門で有名になった西村晃さんと茶道の裏千家先代家元鵬雲斎先生(今はどういうお名前なのか度忘れ)の写真や寄贈された制服が置いてありました

ここでは零戦飲み写真可 鹿屋基地の隊員が復元したそうです

s0sen.jpg

零戦の作成の説明ビデオを見ているといかに優れていたかがわかります

早く三菱の飛行機飛MRJ飛べばいいのにと思ってしまいました

今も外に出ると自衛隊機の音がします  桜島から薩摩半島大隅半島をぐるっと回る訓練をしているとか

有事の際にはいつでも 飛び立てるように訓練しているんですね

以前TVで空飛ぶ広報室を見ていたので こういう風になってるのかと思いました

お昼は史料館前のお土産店の中の食堂で海軍カレーをいただきました

私はおなかがあまり空いてなかったので お店の方が大盛りを分けて食べればと言ってくださり

少し食べることに。 「なかなかのお味」どこかでレトルト売っていたなら買ってみてね

本当は食後都井岬を目指していたのですが そこへ行くとなるとお宿につくのが夜になるということで

目指していた方向を変えて日南海岸を北上

inohanazaki.jpg お宿までに途中寄り道

海がきれい  今日は昨日と違って暖かい  日が暮れる前にお宿到着

私たちは1度行った旅館へは2度目はないのですが今回は再訪しました

nemunohana.jpg

日南北郷にある猪八重渓谷の近くにあるお宿です 夜は真っ暗なので早めに入りました 


4月通信リメンバー九州かな [旅物語]

3月ブログ最初だけで止まってしまいました

後半は風邪で苦しみまして あれよあれよというまに4がつが・・・

3月に入り  [飛行機]の期限が来てしまうものがあったので 「行こう九州へ」

夫婦二人 チンペイさん(谷村新司さんご夫妻)CMのように 昔出かけたところへ再訪です

のんびり ゆっくり する  が  最大の目的なので写真は少ないです

今回は  このでんしゃにのるのも目的の一つ

 sibutamagou.jpg  いぶすきの玉手箱号

 鹿児島中央駅から指宿駅まで55分の乗車です

  車内 ご案内ibutama1.jpg

  海が見られる一人掛け席は先に売れるので 私たちは後ろの二人掛け席

  またこの指宿枕崎線 は  車内がよく揺れる

  昔はこういう電車多かったなと 思いながら乗りました

  車窓から桜島が見えたのでしょうが 私の席は山を見る方で見えませんでした^^;

  途中止まるのは喜入という駅のみ  ここで降りる人は知覧へ行くのでしょう

  車内で主人は電車のキーホルダー(これを買うのがお愉しみなので)

  私は仲良く二人で「いぶすきサイダー」を買い  飲みました

    ibutama2.jpg

  昔の車両を改良した電車ですから 「まあ、懐かしい この窓」  ぽっちを抑えて窓を開けるんです

  お寒い風の強い日でしたので  窓を開けることはやめましたよ

  駅からはお宿のお迎えバスで  お宿到着 

  お出迎えはsDSC_1127.jpg

 ぼやけてますが お雛様が「いらっしゃいませ」

チェックインはこちらで

 syadoibusuki.jpg

お庭を見ながら   お抹茶とお菓子

 指宿と言えば 砂蒸しなのですが  今日は寒い(お宿の人が今週に入って逆戻りですって)

 だから入らないというのではないですが  旅行社のお約束で家族風呂が半額ということもあり

  家族風呂にしましたibu.jpg

 露天風呂ですが ゴージャス こういうお風呂初めて 風呂上がりにお休み処付きなんですもの

 外は風がきつかったのですが 風呂が良かったので寒さ感じず

  ゆっくりした後は  食事です

  ひさしぶりに部屋での食事 oyadoibusuki2.jpg 

   おすましは 桜餅風になってました お宿の食事は日本一にもなったお宿だそうです

   食事終わりには お汁粉の夜食が付きました そして朝食 

    oyadoibusuki3.jpg

  指宿の後は大隅半島へ行くので 朝早くの食事でした

  山川港へ行くまでの道でmakurazakisen.jpg

  久しぶりの踏切   この道を左へ行くと 本集最南端駅「西大山駅」に続きます

  指宿らしく 菜の花電車  この近くには菜の花も咲いてました

  来年大河ドラマが西郷どん (こちらでは「ぜごどん」と読みます)

  近くに鰻温泉というところがあり、そこに西郷どんの足跡があると聞きました

   前に指宿に来たときは  池田湖、枕崎でカツオ料理 知覧特攻平和会館への観光

  それなので違う路線をということでこの後は 山川へ    続く


SL人吉号 [旅物語]

ここしばらく朝寒くて寝床から起き上がられません(情けなぁ)

先日の「山鹿温泉」の続き

なぜ山鹿に泊まったかというと 次の日に乗るものがあったからです

山鹿から新幹線玉名  そこから熊本へ

目的の乗り物

shitoyosi.jpg

  SL人吉号です  熊本から人吉まで走ります

  人吉号の車内   (アテンダントさんも優しい説明  お弁当を駅構内で買って出発)

   hitoyosinai.jpg

   車窓sIMG_0093.jpg

球磨川 三大急流で有名ですよね

途中の駅で停車すると 外へ出してくださいます

 sIMG_0098.jpg

  そして これからの季節受験生の皆様への写真(笑)

      g5ka.jpg

   一つ勝利できるという意味で 受験に合格できますようにと駅で切符が売られています

   それも お宝ものの「硬券」[ポケットベル] 改札口で切符に凹と挟みいれてもらえるものです

  若い人は知らないかもしれませんかね  

    そうこうするうちに 人吉駅に到着

    pagekarakuritokei.jpg

   駅前に下のようなからくり時計があります  私が行ったとき丁度からくり時計が動いたのでした

  とってもラッキーでした   人吉駅には温泉もあり くまがわ鉄道の乗り場もありますよ

  このあと、わたしたちは  次の電車に乗り換え

   isabushin.jpg

  いさぶろう・しんぺい号  に乗って 人吉から吉松まで乗ります

  木の椅子です  sIMG_0124.jpg

窓に映っているのは幽霊、違いますよ我が夫婦  すんごくリラックスしてます(爆)

 大畑駅は日本で唯一ループ線の中にスイッチバックがある駅。
急勾配を緩和するためにぐるりと旋回するループ線や、前進・後退を繰り返しながら坂を上るスイッチバックが体験できます。sIMG_0125.jpg

くるりと回りながら 進んでいきます

 そこを超えたあたりに  「日本三大車窓」という有名な景色がありますと説明をうけた記憶が・・・

吉松駅を降り  また次の「はやとの風」に乗り 霧島神宮駅で下車 

もう少し乗れば有名な「嘉例川駅」だったんですけれどね  

とまぁ、これは汽車と電車のお話でした


12月通信 思い出の山鹿温泉 [旅物語]

風邪をひいて 孫の守りをしているうちに  Christmasがやって来る

早い早い年の瀬です

今月何もないなぁと 思っていて 昔に出掛けた旅行の一コマをpagetubame4.jpg

初めて乗った九州新幹線  窓のカーテンは、すだれでした

なにより驚いたのは アナウンス 日本語・英語・中国語・韓国語

朝鮮半島・中国大陸からの観光客が多いということなのだと

最後に乗った「さくら」では 本州に入ると日本語と英語のみになりますからね

12月は 歌舞伎の中村勘三郎さんがお亡くなりになった月です

この旅行の目的のために前泊の形で泊まった 山鹿温泉

 そこには 八千代座があります

   page8t43.jpg

勘三郎さんの写真は雑誌から

国の重要文化財になっているそうで、素敵な芝居小屋です、予約すれば中を見られるらしいです

この通りに立っていると中からの音が聞こえてくるんです

ちょうど行った日は 森山良子さんのコンサートが開かれていて

わたし タダであの澄んだお声を聞かせていただきました。 ごっつあんです[わーい(嬉しい顔)]

お泊りしたお宿 を少しyamagaonsen.jpg

 大浴場。露天風呂    足湯も玄関入ったところにありました

食事も  pageyu492.jpg

 馬刺し(右下) もついた 豪勢な食事でした

その後、鶴瓶の家族に乾杯 で 山鹿を歩くという回があり 懐かしく見ましたわ

あの当時は水害の後で大変なところもありましてねと仲居さんがお話してくれました

そして今年あの地震です 山鹿は元気なのでしょうか

山鹿灯篭踊りもある とてものどかなところです  新幹線玉名駅から車で30分

時にはこういうところで疲れをいやすのもよいかと

またこのたびの続きは 自分の思い出として書こうと思います

思い出のアルバムなのでnice!だけにしておきます


nice!(14)  トラックバック(0) 

あっという間に9月に [旅物語]

8月通信書いてたよね?なんて気楽に思っていたなら8月何もしてませんでした、ごめんなさい[m(_ _)m]

腰の痛みを押してむっちゃんと旅行に・・いいわけですがあの後調子悪かったかな

その後は運動も中止、暑さで伸びてたのもありで、ブログもほったらかしに

そんな私も時に腰は「う~ん」という日もありますが

思い切ってお出かけしようと主人に言われ、主人のお供で「ある会の旅行」へ行きました

tokyoeki.jpg

実は東京駅の丸の内側を見るのは、じっくりと初めてです

TVで見ていた天井  素敵でした

1日目は  昼食後  日本橋のこちらへsDSC_0785.jpg

東京の人は列に並んで待ちますね  関西人 少しため息でます(^^)

待ち時間30分  これなら待てる(笑)

 写真OKだけどフラッシュダメよんの中 パチリ

       sDSC_0753.jpg

    edokin.jpg

私がいいなと思ったのは↓の写真です

  sDSC_0773.jpg

?屏風の中を泳ぐ金魚たち   

江戸切子鉢の中を泳ぐ金魚たちもいましたけれど、私は屏風の中を泳ぐ金魚が一番

2日目はフリー  鉄道大好き主人 行きたかったんですよね

 こちらへteltupaku.jpg

? 東京[新幹線]大宮   往復   SLはじめ古い電車 と  日本食堂レストラン(これは懐かしい)

 足は治ってきてるとはいえ腰の影響もありで運動不足 広い敷地 あへあへです

東京駅も丸の内から八重洲口へ(もう広いんだから…つかれる)

歩き疲れましたが  雨も降らずの良い旅行日和で 何よりでした

これから ぼちぼちと 孫と出かけた旅行もかいてみようと思います

但し こんな私なので のほほんと書きますのでお許しを

訪問くださっている皆様 そちらへの訪問nice!も滞ってしまってます、重ねてお許しください


生まれて初めての孫の旅 [旅物語]

もうすぐ1歳になる K-p君を連れて[いい気分(温泉)]
 
[新幹線]合流駅で孫の笑顔を見て  ホッとする  行くまで風邪をひいて辛かったと聞いていたから
 
今回は伊豆の温泉旅館でのんびりするが目的izu.jpg 
 
 主人は大浴場へ  私は部屋のお風呂でのんびり  息子夫婦は家族風呂へ 
 
各々が 温泉につかって汗をぬぐう
 
 夕食yuuge.jpg 
 
  たくさん出ましたssa43.jpg 
 
  息子たちはイセエビの造りに「おいしい」[わーい(嬉しい顔)] 
 金目鯛の煮つけあまりに美味しくて[カメラ]とり忘れました
 
   K-pくん  離乳食を持参していたのですが足りなくて[ちっ(怒った顔)]こんな顔に  
    食べられそうなお魚とか煮物  薄味のものを上げると(^^)
 
  よく動きますpagek-p3.jpg 
 
 どこでもハイハイしていくので  追いかけるのが大変
 
 主人はそんな孫がいとおしくていとおしくてsDSC_0581.jpg
 
 
 朝食asage.jpg 
 伊豆は干物がおいしい 食べる直前に焼いて熱々が食べられた
 
  今日は孫と一緒に海賊船に乗ることに 箱根へGO!
 
    ashinokofune.jpg 
 
   K-pくん   名前を呼ぶと 手を挙げてくれます
   この赤い海賊船  エレベーターがついているのでベビーカーで乗船してもOKです
 
  この後どうしても見たかった柿田川公園へ行きました
      sDSC_0597.jpg
 
 湧水の様子をお見せできないのが残念  この青さの中にポコポコと湧いているんです
  
 素晴らしかった  三島の吊り橋も行けたならよかったのですが時間がなくて
 
  孫と息子たちとは 彼らの降りる駅で窓越しにバイバイして短い旅行はお終い
 
一日中一緒というのはほとんどなかったので じいとばあは嬉しかった旅行となりました 

7月通信大阪ミニ旅 [旅物語]

バス旅行に行ってきました

朝早くに出かけたおかげで高速もスムーズに目的地となるUSJ近くの船着き場へ

実は一度もUSJの近くに来たことがなかったので嬉しかったです

この日も人人が入場門の方へ続いてましたよ

早く着きすぎたので船着き場前にあるUSJホテルのロビーでくつろぐことに

sDSC_0560.jpg 

ロビーにこういうキャラクターがいました エレベーターもこのキャラになってたよ 

さてと時間になったので naniwa1.jpg

浪花探検クルーズに出発  ガイドは落語家さんです 笑福亭 喬若 さん篠笛を吹かれます

落語家さんらしく面白おかしく右見て左見てねなんて言うので

このまま首おかしなるんちゃうかというくらいにガイドしてくれましたよ

水門の前で水の調整で信号待ちなぞもありまして、水位の上がり下がりも見ましたよ

naniwafune.jpg 

船の中から大阪市役所やら建物をみて 最後は有名なグリコの看板のところを通過してお終い

お昼

 これまた初めての新世界で串カツをいただきました

 おいしかったので写真なしです(^^;

 shinsekai.jpg

 TV でおなじみの通天閣都。ビリケンさん。ずぼらやのふぐ看板。

ビリケンさん本物は通天閣上がらな、ないですから 間違ったらだめですよ

外国人観光客多かったです

最後は梅田のこれまた外国人観光客でにぎわうスカイビルの空中庭園へ

丸くなっているので市内一円が見られます  恋人たちがカギをかけて恋が実る?という場所もありますよ 

高所恐怖症の私ですが土台がしっかりしたところならOK[わーい(嬉しい顔)] 

暑かった一日 バスの揺れが心地よかったんでしょうね知らぬ間に寝ていたらしく

「降りるよ」と言われて帰ってきたのを知るという

お粗末な最期でございました  


ちょっとそこまで [旅物語]

じいちゃんとばあちゃんも一緒にどこかへ行きたいというので
 
ドライブに
 
淡路島のonokoro(淡路ワールドパーク)へ 行くことにしました
 
最初に寄ったのはこちら
 
sakasi.jpg
明石海峡大橋が望めるPAです 
 
とりあえずお昼になったので PAにて「いただきます」
 
lunch.jpg 
 
むっちゃんは「お子様ランチ」   私は淡路島玉ねぎいっぱいハンバーグ  男どもは淡路牛カレー
 
久しぶりに むっちゃん、はしゃいでます
 
その後高速を走って目的地へ
 
遊ぶものに目がらんらん  
パパと二人で「迷路」に入るも、なかなか出てこない 
他の人も「迷うよな」というのを聞いて 出てくるのを待つ待つ(意外と長かったぞ)
 
高所恐怖症の私に「観覧車に乗ろう」と誘う 「いやだ」というと泣き作戦
渋々主人と三人で乗りました  中は暑いし、上に上がっていくのがもう怖いのなんのって
あっという間なんでしょうが長く感じたなぁ
 
その後 も playw.jpg
 こんな遊びを   ゴーカートにも乗ってご満悦
 
ここで淡路島玉ねぎ 大きな袋に入って500円のも買いました
家に帰って調理しましたけれど甘かったですよ
淡路島に来たときはPAで買わずに 地道の店で買うのがベストですよ
 
そして最後もPAによって
お土産買って帰りましたが  まだ帰りたくないとごねた、むっちゃんでした
 
楽しかったからかな [わーい(嬉しい顔)]


2月通信 [旅物語]

ご無沙汰いたしております

2月に入って、『さあ、ブログ記事でも書こうかな』と思っていたときに

息子から『むっちゃんが熱出した、看てくれる』

と言うことは、もしかしてインフルエンザ?

赤い顔したむっちゃんが我が家に 小児科でお決まりのフレーズ『インフルエンザです、登園禁止ね』[がく~(落胆した顔)]

月曜から金曜まで(ふぇ~)と思っていたなら次の日から息子まで(なんなんじゃ)

マスクもして罹らないように注意したのに 金曜日には私まで発熱(なんじゃこりゃ)

お陰で2週間元気なようなしんどい毎日が続くことに

そしてバレンタインデーs.k.my.jpg

 sns友達から チョコ(女性から女性に・・別にへんな関係じゃないですよ)

したのチョコは我が家の女達で食べようと買いましたs.koyamaのチョコ(かわったチョコですが美味しかった)

前々から予定していた[いい気分(温泉)]

shirarahama.jpg

ちょっと見ると『おっ、海外か?』みたいな写真

実際はkurosio.jpg

この電車に乗って  パンダが一杯いる町へ

今回は『クエ鍋を食らう』これが目的でござる

頂きました[わーい(嬉しい顔)]kuenabe1.jpg

真ん中がクエ鍋  上左クエの薄造り  下 クエのパイ包み  お決まりの雑炊

それ以外にデザートの黒ゴマプリン 追加で熊野牛陶板焼きを

kuenabe2.jpgお肉やわらかくておいしかった

今回結婚記念日が近かったのも兼ねての旅行なので旅館から[バー]サービス 

それだけでなく お部屋にお夜食ysk.jpg

 和歌山はミカンの国  デコポン いがいに  めはりずしがおちょぼ口にぴったりサイズ[手(チョキ)]

 ゆったりのんびりとしてきました  

おまけ   皆さんにも幸せが訪れますように(見た人は幸せが来ると言う・・・都市伝説かも知れぬが?)

    sDSC_0405.jpg

ドクターイエロー でーす


くろまつ号 [旅物語]

鉄道大好き主人が夏に入ると同時にHPを見て即ポチしていた観光列車

家から[車(セダン)]で丹後へ

乗りましたよ  天橋立→東舞鶴   くろまつ号ランチコース

それでは 出発kuromatu1.jpg

ななつぼしをデザインされた水戸岡鋭治氏の作った車内  木が満載 ちょっとお尻が痛いぞ(^^;

2時間強かけて走ります  食事を取るため駅で停車してる時間も入れてですが

ランチコースご紹介kuromatu2.jpg

            kuromatu3.jpg

  宮津の有名料亭のお食事  海が近いのでメインは魚  デザートの白桃が最後にさわやかさを口に運びます

   途中で見どころがあると停車してくれます  ランチコースのみ東雲駅にて停車してお土産市場があります

  日本海sDSC_0075.jpg

進行方向向かって左側(二人用の席)が海が見える良いお席

くろまつ号は夕方からは豊岡行きのディナー列車になります

福知山からはスィーツ列車として天橋立まで走ります(女性に人気だそうですよ)

私達は普通電車で折り返し天橋立へ帰り 今夜のお宿夕日が浦温泉「はなれ風香」へ

はなれ風香は 大人のお宿らしく中学生以上しか泊まれないそうです

お部屋fukaroom.jpg

 アメニティは「クラランス」私には知らないお名前ですがお持ち帰り(笑)

マッサージチェアもあり、案内後は誰も来ません 

ひのきの露天風呂には椅子も用意してくださったのですが、床が滑りやすくてちょっと困った

食事もご紹介  夕食は但馬牛会席

沢山出たので途中までの写真ですfukayu2.jpg

 但馬牛の握り寿司にビーフシチューその後ステーキ  モウーお腹いっぱい

ステーキにはこういう薬味もfukayu1.jpg

朝は 炊き立てご飯とお粥の両方が出て 好きなだけどうぞ たまごかけもOK

 ドリンクも飲み放題でしたfukaasa1.jpg

  帰りは伊根の舟屋をみて 舞鶴のレンガパーク  軍港だけに保安庁の軍艦がこれがすごかった

帰りは7月のopenした京都縦貫道を通ってみました 新しい道は良い

丹後半島海に近いから涼しいかと思っていたけれど暑いです

帰宅後むっちゃんにお土産渡したなら「今度、僕とどこにいくの?」には苦笑い 

心の中で来年来年だよと、むっちゃんに通じたかな[わーい(嬉しい顔)]


メッセージを送る