So-net無料ブログ作成

日南(宿)音色香の季 合歓のはな [旅物語]

お宿の紹介になります(決して宿の回し者ではありませんから)

前回は秋でしたsIMG_0246.jpg

ですが、帰りに見つけたのが2012101617350000.jpgトンボ

こんな大きなトンボは久しく見てない 秋なのにトンボに「驚き!」

場所がわかりづらかったのですが 北郷の看板を日南方面からなら右折 そこから道なり

すっーと道なり  「このまま行ってあるのかな?」というくらい(笑)

今回は2度目なので安心していけましたがお宿入り口の看板が新しくてわかりやすかったです

前回通り過ごして猪八重渓谷の方へ行きかけ、慌てて引き返すというおまぬけなことを

駐車場に着くとお出迎えの人が どうしてわかるんだろう? 

ご挨拶いただいてレセプション棟へ

nemureception.jpg

ライブラリー やお土産ショップ等々

こちらでチェックイン  pagenemuin.jpg

紅茶とそら豆のお菓子です   夜はこちらはバーになるそうです

前回のお部屋nemunohanayuki.jpg

ミニキッチンも付いていて  ミネラルウォーターは無料です  このお部屋はリビングが一段下がってます

内湯と露天風呂があります

今回のお部屋nemunohanahi.jpg

どこが違うかというと リビングがフラット、 露天風呂が寝湯付きスタイル

お庭の感じも庭の向こうを流れる川も同じです

今回2度目の訪問という事なのか冷蔵庫にウエルカムフルーツがありました(嬉しいおもてなし)

食事です

前回nemuyuuge1.jpg

左端のお刺身のお皿が宮崎県の形をしてます わかりますか

nemuyuuge2.jpg

この大きな農作物なんだったんだろうな。 右下はお茶漬けのような料理長が賞をとったというものでした

今回

nemunohanad1.jpg

春弥生  お雛様の季節らしくチラシ寿司  前回の料理長が勇退され 新しい料理長になり

料理の量も少なめ、若い感じの料理になりましたね

nemunohanad2.jpg

どちらの時も料理長手作りお漬物が料理長自ら持ってきてくださりました

干し大根・きゅうりの糠漬け・白菜のしょうゆ漬け  宮崎ではお出しするのが普通なんだそうです

夜はライトアップされる。食事部屋から出ると下のような感じ

朝食

前回pagebf2.jpgpagebf1.jpg

野菜ジュース。食後デザート  和食か洋食が選べます

今回

pagenemu2.jpg

主人和食  食後のデザート

pagenemu1.jpg

私 洋食  今回は朝寒かったのでジュースがレモンジュースの温かいものに

時間は8時から10時までのいつでもレストランへ行けば食べられます

私たちは 今回はゆっくり旅  朝食も遅めに  チェックアウト時には

駐車場まですべての方々がお見送りしてくださいました(前回も同じスタイル)

お別れしてさてどこへ行く  前回行かなかった都城の観光地へ

島津邸とかありましたが 川沿いに見えた「黒霧島」霧島酒造の持つファクトリーガーデンへ

レストランやベーカリー 霧島酒造の工場(見学も申し込めばできる)

レストランの開店時刻にはかなりあるので、お土産だけ買って出発

「おなかが空いた」の主人のリクエストで回転寿司に

炙りのメニューが一押しのお店 都城は炙り多いのでしょうか?

この後は東九州自動車道が近くまでできているので空港までは近くなりました

それでも我が家は「黒豚は買う」ネットで一押しのお店に向かうも閉店(おかしいの)

前に買ったところまで往復1時間せっかく早く空港につこうと思っていたのが外れた

行かなければよかったのにと思うでしょうが、これがおいしいから買いに行くのですよ

道中で見た景色を少しpagefukei.jpg

  左は  飫肥杉がきれいなところ    右は霞んでますが桜島です^^;

それではこれにて帰りますpagekukou.jpg

くまモンジェットも見られたし 満足満足

ここしばらくは行ったところの写真を撮りだめしたまま置いてました

時折 旅の写真をお見せしますのでよろしくお願い致します。

今回もnice!のみにします、m(_)m


nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る